スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発言

03 28, 2011
最近、夫のブログチェックが厳しい。

以前は私のブログなど興味が無さそうだったのだが、
今ではしっかりチェックしてくれているようだ。

「不特定多数の人に読まれるインターネット上の発言は、責任を持ってしろ。
 おんしのブログは特別人気があるわけではないが、今では見ている人も増えている。
 少なくとも誰かに影響を与えているのだということを忘れるな。」
と、叱られてしまった。

まずは、プリント合板という素材を否定するような記事を書いてしまったこと。

プリント合板は、決して悪い素材だとは思わない。
実際、軽くて扱いやすい合板の家具をいくつか持っているし、
手持ちの使えそうな家具は、新居でも使い続けようと思っている。

ただ、せっかく内装に合わせて職人さんに造り付けてもらう家具に、
敢えてプリント合板は選ばないということだ。
それなら、木目調パネルのシステムキッチンを選ぶだろう。

「そもそもなぜ水周りにもわざわざ木を使いたがるの?」
と聞かれたら、「単純に好きだから。」としか答えられない。

そして、消費することが直接支援に繋がるわけではないし、
これはただの自己満足に過ぎないのかもしれないが、
元気な私たちまでもがけちけちムードになっていては、
ますます日本全体が沈んでしまうと考え、
頭の中のスイッチを「倹約」→「奮発」に切り替えたのだが、
それもわざわざ公言するべきではなかったと反省している。


またひとつ、叱られるのを覚悟でつぶやかせていただくが、
支援は、個々の善意から成るものであって、
他人に強制するものではないと思う。
「募金しない人はけしからん。」という考え方は好きじゃない。

人間は問題が起こると、誰かのせいにしたくなるものだが、
現在、至る所で水が品切れ状態なのは、
「誰かが買い占めているからだ」と考えず、
今は日本中で水が足りない深刻な状況なのだと思いたい。

私が住んでいる市のゴミ袋は、1枚なんと50円。
たった10枚で500円もするのだ。
最初は「なんじゃこの高級ゴミ袋?!」と、
正直不満に思ったが、今ではそれでいいと思う。
「50円で、要らないものや汚いものを処理してくれるなんてありがたい。」
と、考え方を変えればいいだけだ。
そのおかげでわが市は、ゴミの量がかなり減ったらしい。

このように、国が強制的に(被災地を除く)元気な国民から徴収すれば良いのだ。
「復興税」という名前にでもしたら、文句を言う人はいないだろう。
この先、電気料金が大幅に引き上げられるかもしれないが、
今まで原発に無関心で、安易にオール電化を選択し、
電気に頼って生きてきた自分も同罪である。
電気代が上がれば、皆自動的に節電するだろう。

「国民は贅沢するな。国の為に命を惜しむな。」と戦地に駆り出され、
「いざとなったら自決しろ。」と、手榴弾を渡されるような時代に比べたら、
現代の日本は、国民の安全と人権が守られていて、格段と暮らしやすくなったし、
現在、被災して不便な避難生活を強いられている人々を思えば、
我々は天国のような生活を送れている。

この素晴らしい世の中に平和に生きさせてもらっている以上、
今は誰かを悪者にしたり、不満や文句を言わない国民になりたい。

「○○党はダメだ。○○党のせいだ。○電が悪い。誰の責任だ?」
テレビもネットもこんなんばっか…もう聞きたくないよ。。。



ああ。また怒られそうだ…この記事、そのうち削除されるかも。。。
↓ぽちっとしていただけたら励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
関連記事
スポンサーサイト
Posted in たわごと
プロフィール

スプース

Author:スプース
オール国産無垢材と土壁による
巣づくり日記。

カテゴリ
最新記事
pictlayer
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
  1072位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
  157位
アクセスランキングを見る>>
スプースさんの本棚
暮らしと住まいに関する本
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。