スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリプルシャノン

02 02, 2011
前記事でも紹介した我が家のサッシは、「エクセルシャノン」製。
あまり聞き馴染みの無い名前だが、日本初の樹脂サッシ専門メーカーで、
北海道等の寒冷地では抜群のシェアを誇っているらしい。

使用するガラスは、熱や紫外線を防ぐ断熱機能のあるLow-Eガラスで、
断熱タイプのペアガラス窓と、
遮熱タイプのトリプルガラス窓の2種類がある。

目を凝らして、ガラスが3枚入ってるのか観察してみた。
IMG_3651_20110202134250.jpg IMG_3715.jpg
左がペアガラスの窓。右がトリプルガラスの窓。(うーん、よくわからん。。。)

大工さん曰く、
「窓を開けてガラスの色を見れば、2重か3重かよくわかりますよ。」
窓を重ねると、↓わっ!ホントだ!!景色が緑色になる。
IMG_3716.jpg
それもそのはず…この窓にはガラスが3枚入っていて、それを重ねると6枚。
Low-Eガラスには特殊な金属膜がコーティングしてあり、それが青みがかって見えるらしい。
ガラスとガラスの間には、アルゴンガスという気体が入っているそうだ。
緑色の景色には驚いたが、これだけ重なっていれば、透明度が失われるのは仕方無い。
しかし、この窓の性能はとにかく凄いらしい。
トリプルシャノン
寒冷地仕様の窓だけあって、分厚くてごつい。
パシャっと窓を閉めると、家に蓋(栓)をしたような気分になる。

こちらは、2階廊下西側の大きな窓。
IMG_3717.jpg
↑↑ぎょえ~。見事な緑色!

↓ちなみに、窓を開け(重ね)なければ緑色は目立たない。(一安心…)
IMG_3718.jpg
(リビング西側の地窓。)

↓リビング南の大きな窓(ペアガラス)は、重ねても透明のまま。
IMG_3719.jpg
まさに一目瞭然の違い。。。


どうやら、遮熱タイプのトリプルシャノンは、
日差しを防いでくれるということで、夏に威力を発揮してくれそうだ。
強烈な西日が当たる場所には、強力な遮熱サッシを設置し、
メインの南側の大きな窓からは、冬のあたたかい日差しが入るよう、
断熱タイプのペアガラスサッシ。
…というように使い分けられているようだ。

これは、おーちぃパパさんから教わった情報です。
もし、このことを知らなかったら、
「ちょっと、なんで一番メインの大きい窓がトリプルじゃないのよ?間違えてんじゃないの?」
って、今頃クレーマーになっていたかもしれません。
そして、Low-Eガラスは緑になるという情報も、
みーぼーママさんから聞いて覚悟していたおかげで、いろいろ納得できました。
(リビング窓が緑景色にならなくて良かった。。。)
おーちぃパパさん、みーぼーママさん、ありがとうございます。


1階 窓 2階 窓
ピンクが断熱(ペアガラス)サッシ。オレンジが遮熱(トリプルガラス)サッシ使用。
16箇所ある窓のうち、トリプル窓は5箇所のみ。

サッシを決めるとき、
「北の部屋が寒そうだから、トリプルに変更してほしい。」
と、試しに社長に言ってみたら、
「我々にとっては嬉しい話ですが、やりすぎないほうがいいと思いますよ。」
と、却下された。
「大丈夫!絶対寒くないし、結露しませんって!来年実感してくださいよ。」
社長の力強い言葉を信じよう。。。


それにしても、アパートの窓は毎日毎日こんなにベタベタ…
IMG_3706.jpg IMG_3707.jpg
玄関ドア(ノブや鍵)まで濡れている。
IMG_3711.jpg IMG_3712.jpg

このアパートは、冬でも湿度が高いみたいだ。
加湿器を付けたら、常に「70%以上」というランプが付いたまま動かないので、
「壊れているのか?」と疑っていたが、
実家に持っていくと、「45%」を示し、ぐおんぐおん稼働していた。
ということで、せっかく買ったハイブリッドな加湿機は、
空気がカリカリに乾いている実家に進呈したのであった。。。


ポチっと↓応援くださると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事
スポンサーサイト
Posted in 窓・サッシ
プロフィール

スプース

Author:スプース
オール国産無垢材と土壁による
巣づくり日記。

カテゴリ
最新記事
pictlayer
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
  747位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
  107位
アクセスランキングを見る>>
スプースさんの本棚
暮らしと住まいに関する本
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。