スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉の捨て板

01 20, 2011
昨日、久々に現場に行ってみると、
寒い中、大工さんが1人で作業していた。

IMG_3581_20110120201713.jpg
雪がちらついていた。おぉ、寒い。。。

中に入るとはしごがあったので、登らせてもらった。
大工さんは、私が妊婦であることを知らないので、
「気を付けて下さいよ。」と、何度も言いながら登るのを手伝ってくれた。
IMG_3573.jpg
書斎、意外と広いじゃないか♪
しかし、案の定、天井は低かった…。
IMG_3575.jpg
低さが伝わるよう、大工さんに立ってもらった。
こりゃ、あのペンダント照明を付けるのは無理そうだ。

2階には、床に捨て板と呼ばれる仕上材の下地板が付けられていた。
一般的には、パーティクルボード等が多く使用されているらしいのだが、
亀津建築で使用する捨て板は、厚さ15㎜の杉無垢板である。
IMG_3576.jpg IMG_3580.jpg
こんなきれいな杉板、普通にフローリングとして使用できそうじゃないか?!
そして、この上にはさらに、うづくり加工が施された杉のフローリングが敷かれるらしい。

うづくり(浮造)加工とは、無垢板の柔らかい部分を磨きながら削ぎ落として
年輪の硬い部分を浮き上がらせる加工で、
0007.jpg
↑このように、既に何年も経過したような凹凸が出来ているので、
見た目も足触りも気持ち良いらしく、
一番のメリットは、多少キズが付いても目立たないことである。
この加工を人間の手でやろうとすると、かなり手間隙かかるらしいのだが、
現代では、機械を通すだけでそのような加工ができてしまうらしい。
この加工をするのに、「1㎡当たり千円。全体的には4万円程度のコストアップ。」
と聞いて、「それならやってもらおう♪」ということになった。
半年後、この床をスリスリできる日が待ち遠しい。


今日も現場を訪れると、ちょうど社長と宮下さんも来ていた。
社長に、「杉板のフローリングは30㎜ですよ。」と指摘された。
以前、40㎜の杉板と記載してしまった。
(確かに、いくらなんでもそんな分厚いフローリングはありえない。階段の踏み板じゃあるまいし…。)
しかも、10mの棟木4mと間違えたこともある私は、
なぜかやたらという数字にこだわるタイプのようだ。。。
(これからも、間違いはどんどん指摘して下さい。)

そして、宮下さんに
「スプースさん、2階に登ったんですか?
 ダメですよ!!何かあったらどうするんですか?!」
と、怒られてしまった。。。
これでもう、私は2階へは立入禁止になってしまった。

腹は出て来たのに、妊婦としての自覚がまだまだ足りないようだ。とほほ。。。


ぽちっと↓投票。お願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事
スポンサーサイト
Posted in 素材
プロフィール

スプース

Author:スプース
オール国産無垢材と土壁による
巣づくり日記。

カテゴリ
最新記事
pictlayer
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
  1305位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
  191位
アクセスランキングを見る>>
スプースさんの本棚
暮らしと住まいに関する本
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。