スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国産材を使用する」ということ。 その1

12 15, 2010
以前、私は自然素材へのこだわりを語っていたが(→自然素材への想い)、
正直に打ち明けてしまうと、当初は国産材についてのこだわりは全く無かった
自然素材(無垢材)でありさえすれば、原産国が何処であろうとよかったのだ。

亀津建築が床材に使用する木材は、杉と檜、そして栗のみ。
最初は正直、「えッ?!他にもっと選べないの?!」と思ってしまった。
亀津建築のポリシーは、国産材しか使わない
それも、ほぼ地元岐阜県の木を使用するという地産地消の考え方なので、
使える木材が限られてくるのだ。


硬い広葉樹の質感が好きだった私は、針葉樹の柔らかさが無防備に思えた。
杉は、絶対すぐ傷が付くだろうな…。檜は、白っぽいからすぐ汚れそう…。
唯一広葉樹の栗は、高級木材なので値段が跳ね上がる…。

杉→wood-dream_y016.jpg  檜→img_4545.jpg  栗→untitled.jpg


私が最も好きな木材は、
ウォールナット(北米で多く産出されるクルミの木)。
img5613044、8.jpg
硬くて傷が付きにくい性質と、この濃い色が好きなのだ。
主に家具に使われる木材であるが、大手ハウスメーカーの展示場の床に、
チーク材とウォールナット材が使われているのを見て、その高級感にときめいた。

「国産材や県材じゃなくてもいいから、
 もっといろんなバリエーションの木材を選びたいな。
 パイン無垢材等をウォールナット色に塗装した床でもいい。
 つるピカ合板のフローリングでなければ、どこの国の木だっていいのに…。」
そんなことを考えていた。


ところが、図書館でふと、「表紙がかわいいな。」と手に取った本に、
こんなことが書かれていた。

天然住宅から社会を変える30の方法天然住宅から社会を変える30の方法
(2010/04)




日本は、国土の約70%を森林が占めている森林大国なのに、
森林資源(木材)の自給率は、たったの2割程度。
わが国は、こんなに豊富にある資源を、わざわざ海外から輸入している。
ハウスメーカーたちが、国産材より安い輸入材を使いたがるからだ。
安価な輸入材を接着剤で固めた建材で、次々住宅が建設されている。
日本の林業は衰退し、手入れのされなくなった山が荒れていく。

木材の大量輸入は、世界中の原生林を破壊し、
荒れた日本の山(戦後大量に杉が植えられ、現在、放置状態の人工林)は、
森の機能を失い、自然災害を引き起こす。
つまり、現代の日本の住宅産業は、
他国の森を破壊し、自国の林業を崩壊させている


この内容は、ちょっとオーバーだなと思うところもあったが、
この本以外にも何冊か、日本の森林問題について書かれていた。
知れば知るほど、国産材・地域材を使うことが、いかに大切で、良いことであるか、
そして、亀津建築のポリシーの素晴らしさを、ひしひしと感じたのだった。


食品を国産にこだわる人はかなり多くなってきているのに、
建築資材については、意外と無関心な人が多い。
そして、「小さな工務店より、名の知れた大手メーカーのほうが品質も安心でしょ。」
と思っている人も少なくない。これはまるで、
産地の知れた国産和牛ステーキを出す小さな個人料理店より、
 外国産の成型肉のステーキを、大手チェーン店で食べるほうが安心よね。

と言っているようなものではないだろうか?
※注:「全ての大手メーカーが、得体不明の成型肉を使用している」と言いたいわけではありません。


…なんちゃって、、偉そうなことを書いてしまったスプースは、
某ファミリーレストランやハンバーガーショップの得体不明の肉を抵抗なく食し、
金欠状態になると、米国・カナダ産の豚肉を平気で買ってしまう主婦である。
 

長くなったので、つづく。



この記事を書くのに、頭と勇気を振り絞りました。
↓どちらか、応援クリックよろしくお願いします。↓

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ


関連記事
スポンサーサイト
Posted in たわごと
プロフィール

スプース

Author:スプース
オール国産無垢材と土壁による
巣づくり日記。

カテゴリ
最新記事
pictlayer
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
  1072位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
  157位
アクセスランキングを見る>>
スプースさんの本棚
暮らしと住まいに関する本
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。