スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然素材へのこだわり その2

07 15, 2010
私の両親は、土壁と無垢材の家に大反対であった。
完成見学会に一緒に行ったとき、猛烈な批判を喰らってしまった。

「この質素な家にこんな値段を出すなら、
 一流メーカーでもっと豪華な家が建つ。」

確かに、その家は、ハウスメーカーの家のようなゴージャス感はなかったが、
国産無垢材と手間のかかる竹小舞塗り壁を使用している為、坪単価は高めだった。

さらに、無垢材は、集成材と違って生きているから、
湿度によって伸びたり縮んだり、反ったり曲がったり、
建具が閉まらなくなったり等、不都合が生じてくるという。
そのような不都合は、暮らしていくうちにちょっとずつ時間をかけて修正したり、
数年で慣らして、落ち着いていくそうそうなのだが、
両親は、「時代遅れだ。大昔の過ごしにくい家を思い出す。」 と言っていた。
反論するも、さらに猛反撃してくるので、自信を失くしてしまいそうだった。

本当に木の家に惚れこんでいる人は、
こういうメンテナンスに煩わしさは感じないだろうし、
それも含めて「愛しい」と思いながら暮らしていくのだろう。
しかし、ずぼらな私たちにそんな面倒なことができるだろうか?

ふと大手某ハウスメーカーのホームページを見ると、
私の理想に近いデザインの住まいが載っていた。
ここならメンテナンス不要で、見た目も高級である。
「無理して木の家にこだわるより、
世間一般に広く支持されている無難な家を選ぶべきなのか?」

大半の人は、見えない部分『構造材の質』よりも、
設備や見た目の豪華さで判断する。
私たちが建てようとしている家の良さを解ってくれる人は少ないだろう。
「周りの評価なんて関係ない。自分らが満足していればそれでいい。」
と、言いたいところだが、気にしてしまうのも正直なところ…

私のこだわりは、一体何だったんだろう?
本物の木の家に住みたいと思ってきたはずなのに、
ただのミーハーじゃないか…
家について、少しは詳しくなったような気分でいた自分が、
実は無知で、浅はかであったということを思い知った。



凹んでいても仕方ないので、まずは知識を得ようと、
図書館で木造建築や住宅関係の本を読みあさり、自分なりに勉強してみた。
どの本にも、書かれていることはだいたい同じだった。

戦後、高度経済成長期の日本に住宅産業革命が起こった。
日本の家は元来、材木屋・大工・左官等の職人集団によって建てられていたが、
経済の発展に伴って、大規模な住宅産業によって建てられるようになっていった。
同時に、建築資材や工法も大きく変化した。

扱いにくい無垢材に代わって、安価で扱いやすい集成材。
施工が簡単で、左官の要らないビニルクロスや化粧合板。
さらには、工期も短縮できる工法で、次々家が建てられた。
部材があらかじめ工場で造られ、現場では組み立てるだけなので、
大工の腕(職人仕事)はさほど必要とされず、あっという間に家が完成する。
新しい建材や工法は『在来木造より強い!しかも早くて安い!』と絶賛され、
一気に広まり、現代の日本住宅の主流となっていった。

ところが、化学物質まみれの新建材と、
高断熱・高気密化によるカビ・ダニの発生によって、
住宅による健康被害(シックハウス症候群)を生み出し、
日本の住宅は、平均寿命わずか30年という事態も招いてしまった。

最近では、建材の見直しが厳しくされているらしいが、
そうでない施工業者も多く存在するそうだ。
少し脅しのような内容ではあったが、
知れば知るほど、ますます『木と土の家』への思いが募っていった。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
関連記事
スポンサーサイト
Posted in 工務店選び
プロフィール

スプース

Author:スプース
オール国産無垢材と土壁による
巣づくり日記。

カテゴリ
最新記事
pictlayer
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
  1097位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
  162位
アクセスランキングを見る>>
スプースさんの本棚
暮らしと住まいに関する本
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。