スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パートナー探し

07 13, 2010
住む場所が決まったら、次に重要な『巣作りパートナー』を探さなくてはならない。

依頼先を決めるまでに、何社かモデルハウスや見学会に足を運んだり、
プランを出してもらったりした。




まずは、住宅展示場にある大手ハウスメーカーのモデルハウスへ。

ハウスメーカーの家は、「頑丈で豪華に魅せる既製品」というイメージだった。
悪くはないが、既製品ならわざわざ注文しなくても建売で十分だと思った。
アンケートに答えたら、後日セールスマンが何度も家に来たり、電話が掛かってきた。



お洒落系工務店『P社』。

最初に見つけたときは、欧風の家を建てるならここがいいと思った。
ネットで見たいくつかの施工例のデザインに惹かれたので、
見学会に出向き、プランも作成してもらった。
カフェ等の店舗も多く手掛けているP社は、
自由で個性的なデザインと、造作キッチンやアンティーク建具等、
施主の要望を細かく叶えてくれそうな姿勢が好印象だった。

プランの間取りや外観はわりと良かったが、建材、工法がNGであった。
営業担当の人は、
「弊社の標準は2×4になります。在来構築に見せる為に、
 アンティーク加工を施した柱で飾り梁を入れましょう。
 いわゆる『なんちゃって梁』なわけですけど、雰囲気出ますよ~。
 オッシャレ~な古民家風の「和シャビィ」なお家になるはずです。ウシシ…」と言っていた。
さらには、質のわりにゴージャスな金額にも驚いた。
夫曰く、社員(営業担当の人柄)もNGらしい。



土地の仲介をしてくれた『H社』。

「住宅もぜひわが社でお願いします」と、
依頼していないのに、積極的にプランを作成してくれた。
土地の仲介に関しては、丁寧かつ迅速な対応で申し分なかったのだが、
プラン、建材、工法、金額…すべてが残念だった。



『C工務店』

和風モダンの木造住宅を得意とする、地元で大人気の工務店である。
3年前に、なんとなく母に誘われてオープンハウスを見学したことがあった。
古民家風のダイナミックな梁。
細かいところにも光る匠の技。
施主さんのこだわりをふんだんに詰め込んだ夢のある家だった。

同時に、近所で内覧会をしていた大手ハウスメーカーの家も覗いてみたところ、
後者の家がつまらなく味気無いものに感じてしまった。
両者同じ坪単価なのに、この差はなんだろう?と思うほど凝った造りだった。

ところが夫はC工務店の家を、
「良い家だとは思うが、いまいちグッと来ない。好みじゃない。」と言っていた。
「なるほど…なぜだろう?」なんとなく私もそう感じていた。

しかし、私にとってC工務店との出会いは重要である。
後に現れる本命『K建築』を知るきっかけとなったからだ。
C工務店の家を見なかったら、普通にハウスメーカーに依頼していたかもしれない。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
関連記事
スポンサーサイト
Posted in 工務店選び
プロフィール

スプース

Author:スプース
オール国産無垢材と土壁による
巣づくり日記。

カテゴリ
最新記事
pictlayer
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
  869位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
  126位
アクセスランキングを見る>>
スプースさんの本棚
暮らしと住まいに関する本
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。