スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンカウンターの位置

08 15, 2010
「間取りの気になる部分」その1。

「家の顔である玄関は、常にすっきり片付いた状態を保ちたい」
というこだわりから、玄関を来客用家族用との2つ設けることにした。
よって家族は、正面玄関を使用せず、勝手口から出入りする。
1F.jpg
車庫から直接、土間→パントリー→キッチンへとつながっているので、
買ってきた食料品類をすぐに冷蔵庫や食品庫にしまうことができる。

しかし…

帰宅して、トイレや洗面所に行くとき、あるいは、洗濯物を外に干すとき、
洗面所から勝手口へ移動するのに、ぐるっとキッチンを一周しなくてはならない。
この間取りを見ていると、どうも生活・家事動線の効率が悪いように感じた。

そこで、すぐに思いついたのは、
キッチンカウンターの位置を下(南)へずらせば、これは解決する。
私の構想ノートを見ても、キッチンカウンターの位置は南になっていた。
構想1
どうしてわざわざカウンターを北に配置したのだろう?
南に寄せた方が動線はスムーズなのに…
kajidousen.jpg
夫に相談すると、すぐに賛成してくれた。
「よし。【2】に変更してもらおう!」

ところが、、ん?ちょっと待てよ…

間取りをもっとじっくり観察していると、なぜこの配置にしてくれたのかが理解できた。
【2】は、便利なぶん、生活感が丸出しになってしまうのではないか?!
手前が空いていることによって、ホールから入った瞬間、キッチン全貌が見渡せてしまう。
うっかりパントリーの戸を締め忘れりゃ、たちまち生活感漂うLDKだ。
一方【1】は、ホールから壁が続いていることによって、
キッチンの内部までは、覗き込まない限りは見えないだろう。
(目線の集まる部分は青色で表示)

しかし夫は、「【2】の方が便利だ。 目線とか生活感とかより、動線が大事。」
と、意見を変えない方向だった。
「私も最初はそう思ったけど、採光とかも考え抜いて、この間取りにしたんだと思うよ。
 空間的にもやっぱり【1】のほうがかっこいい気がするなぁ。」
「いや、俺は絶対【2】だね。」

そこで、私は図を描いて夫に説明した。
(非常に粗末な図であるが、両方のカウンター後ろにあるのは吊戸棚のつもり↓)
キッチン
壁は真壁(柱を見せる壁)になるので、リビングからキッチンを見ると、
このような景観になるだろう。
我が家の真南の方角は、ちょうどこのキッチンの角になる。
【1】は、南東の窓のおかげで、部屋が明るく広く見えそうだ。
【2】のキッチンは、光が一番入ってくる場所がコンロ用の壁で塞がれてしまうので、
【1】に比べ、閉塞感があるように思える。

夫は、これを見て
「じゃあ【1】でいいよ。ちょっとぐらい歩けばいい運動になる。」と、即納得してくれた。
こんな粗末な図でも役に立つものだ。


というわけで、この疑問はあっさり解決。
結局、私が一人で騒いで納得して終結というオチである。


最後まで読んでくれた方、ごめんなさい。。。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
関連記事
スポンサーサイト
Posted in 構想・間取り
プロフィール

スプース

Author:スプース
オール国産無垢材と土壁による
巣づくり日記。

カテゴリ
最新記事
pictlayer
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
  1474位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
  247位
アクセスランキングを見る>>
スプースさんの本棚
暮らしと住まいに関する本
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。