スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプースさんちの失敗 その2

08 13, 2011
私が里帰りをしていた約1ヶ月間、夫はここで独り暮らしをしていた。

私が久々に新居を訪れると、
各部屋の真ん中にダンボールが積まれたままになっていたが、
リビングや洗面脱衣所の棚はきちんと整理整頓されていた。

しかし、彼は整頓は得意でも清潔を保つのは苦手だったようだ。

私がこの家に入って最初に感じたのは湿気であった。
「なんだ?このジメジメ感は?!」
夫は四六時中、窓もカーテンも障子もすべて閉め切って生活していたそうだ。
そして、湿気のこもった脱衣所に洗濯物を干していたらしい。

白いユニットバスと洗面器にピンク色のぬめりとカビが…
これはすぐに洗い流すことができた。
(ちなみに、槇の天井と壁は常に乾いた状態で綺麗なまま。)
最もショックだったのは、
脱衣所に3週間敷きっぱなしだったバスマットをどかした瞬間、
杉のフローリングは変色し、なんと黒いカビが生えていた。
IMG_4318.jpg IMG_4316.jpg
げぇ…まだ一度もお風呂に入ってないのに既にカビが生えてるなんて。。。↑
(↓バスマット使用後は掛けておきましょう。)
IMG_4319.jpg

怒っても仕方ない…男の独り暮らしってこんなもの。。。
そして、無垢の床は、やっぱり気を付けなければいけない。
このカビの一件を工務店に話すと、「そのシミ、消してあげましょう。」と、
頼もしい返事が返って来た。(よろしくお願いします。)


これらの悲惨な現状とダンボールの山に倒れそうになりながらも、
「なんとかここを家族4人で住めるようにしなければ…
 巣づくりはこれからだ!」と奮い立ち、
それから毎日、家中の窓を開け放ち、換気と片付けに奮闘。
現在、ようやく荷物も片付いて湿気も無くなり、快適に過ごせるようになった。


さて、ショックな現実はこれだけではない。

私の欲望のひとつ。
「木の香るお風呂で、坪庭を眺めながらゆっくり寛ぎたい。」
IMG_4320.jpg
というわけで、透明の大きめな窓の周りを板塀で囲ってもらったのだが…

ぎょ…上の方の家から丸見えじゃないか!?
IMG_4329.jpg IMG_4327.jpg
この板塀、結構高さはあるのだ。
これ以上高くしたら、景観にかなりの圧迫感が出てしまう
ということで、この高さが限界だった。
IMG4337.jpg

坪庭に植栽が入ったらうまく目隠しされるだろうか?
屋外のライトを付ければ、多少の反射効果も狙えるだろうか?
あれこれ考えてみたが、とりあえず今は簾で隠すことにした。

IMG_4332.jpg

…けど、「夜になったら外から見えるんじゃないか?」と不安は拭えず、、、

↓このように対処した。
IMG_4392.jpg
『プラレールおふろでペタペタDX』
良く出来た玩具だこと☆
タカラトミーと、これをプレゼントしてくれた義姉さんに感謝!

悲しいことに、景色なんぞ全く見えない(ToT)/~~~


そもそも、この住宅街でそんな欲望実現しようなんて無理だろ?
なんて言わないでぇ~(T_T)

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
関連記事
スポンサーサイト
Posted in ハプニング
プロフィール

スプース

Author:スプース
オール国産無垢材と土壁による
巣づくり日記。

カテゴリ
最新記事
pictlayer
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
  1504位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
  234位
アクセスランキングを見る>>
スプースさんの本棚
暮らしと住まいに関する本
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。