スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ大工さん

04 13, 2011
左官さんの活躍ばかり取り上げてしまったが、
大工さんも毎日、一生懸命頑張ってくれている。

「1階和室の天井は、リビングに合わせてちょっぴりモダンにしよう。」
という社長の提案で、杉板ではなく和紙を貼ることになった。
プラスター(石膏)ボードを貼る前の天井に、こんな複雑な細工が施してあった。
IMG_3775.jpg
(2011.4/06)
長い木材と短く切った木材が交互に綺麗に並んでいる。
こうすることによって、天井がより綺麗に仕上がるらしい。
この状態が、なんだか芸術的に見えて、何度もシャッターを押してしまった。

↓ ↓ ↓(2011.4/09) その天井に、プラスターボードが貼られた。
IMG_3837.jpg
吊り戸の押入れの中には杉の無垢板が貼られている。
この押入れ、通気性は抜群だし、布団に木の香りが移って気持ち良さそう。
押入れ下の地窓には障子が付けられ、右側は床の間になる。
天井と襖、建具に使用する和紙の柄・色は、すべて棟梁にお任せした。
どんなデザインに仕上がるのかはお楽しみである。

スイッチとコンセント、照明器具のコードを見つけた。
壁の土がえぐられて取り付けられていたのが面白かった。
IMG3840.jpg IMG3838.jpg
土壁の配線って、こうなってるんだね…珍しいので撮っておいた。


こちらは玄関前の庇部分。
IMG_3769.jpg
この、ぽちっとした木のネジみたいなものは、「継ぎ手」というらしい。
上棟の頃からあったのに、わりと最近まで知らなかった職人技である。
(※さすけねっすさんの記事で知りました。)

↓ ↓ ↓(2011.4/09)
そして先週末、屋外の木部分(軒・柱・梁・戸袋等)全てに色が塗られていた。
IMG_3845.jpg
うわぁ~!!なんじゃこの色?!
ハッキリ言って、キタナイ。。。「青カビ色」とでも名付けようか…。
大工さんに正直に、「変な色ですね。」と言ってしまった。

「アハハ。。。確かに、最初は皆さん驚かれますよ。
 この塗料は、だんだん色が変わって来るんですよ。
 1年もしたら、良い色に落ち付いてくるので大丈夫ですよ。」

半年~1年後にはこうなる↓と言われ、ホッとした。
ooyabu2_l_1.jpg
うん。これなら良い色♪(画像は工務店HPからお借りしました。)
これは、着色塗料ではなく、木材を腐らせないための保護剤だそうだ。
しかも、浸透性に優れていて、塗り直し等のメンテ不要らしい。
「外壁に木を使用するデメリットは、メンテナンスが大変。」
と、ずっと思っていたので、これを聞いて安心した。
年数を重ねる毎に、杉板はもっと濃い色になっていくらしい。
どんな色に変化していくのか楽しみだ。


南東から見た車庫。グレーの下地が乾いて、ちょっと白っぽくなっている。
IMG_3849.jpg
今後、我が家の下半身(グレーの部分)は真っ白にお化粧され、
上半身と車庫の壁は、上と同じ色の杉板が貼られる予定である。
外壁が完成したら、テンションがまた一気に上昇するだろう。
(職人の皆さん、誠にご苦労様です。)



↓応援、ありがとうございます。 ↓こっちもクリック☆応援しよう!
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ 201104112310149e6.gif



関連記事
スポンサーサイト
Posted in 内装
プロフィール

スプース

Author:スプース
オール国産無垢材と土壁による
巣づくり日記。

カテゴリ
最新記事
pictlayer
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
  1504位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
  234位
アクセスランキングを見る>>
スプースさんの本棚
暮らしと住まいに関する本
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。