スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅アパートの工事

08 30, 2010
先週末、友人親子を誘い、木point(協同組合東濃地域木材流通センター)
「わくわく住宅フェア」に行ってきた。

K建築が「土壁に使う泥で、ピカピカだんごを作ろう
というイベントに出展していたので、体験してみた。
友人ご子息は積極的に参加していたが、
うちの息子は「汚れるのいやだ。」と言って触ろうとしなかった。
ノリの悪い男(3歳児)め…

↓これが、できあがった泥だんご。土を磨くとこんなにピカピカになるのだ!
IMG_2816.jpg
左官職人さんが、
「このだんごの中身は、スプースさんの家の壁と全く同じものですよ。」
と説明してくれた。
このように、壁をぴかぴかに磨く最高級の左官技術もあるそうだ。
(※もちろん我が家は磨き壁にはしない。)

そして、長期優良住宅のブースで展示してあった土壁外断熱の構造と、
トリプル樹脂サッシの断面模型を見て、その分厚さに驚いた。
「ここまで(高気密・高断熱を)やってしまって、本当にいいのかな?」
と、少し不安になった。
最新の技術を駆使した高性能な家であるのは分かるのだが、
明らかに「昔ながらの日本の家」とは違う。
密閉された室内で、土壁から出された水分はどこへ逃げるのだろう?
断熱材がカビたりしないだろうか?
正直、まだ分からないことだらけだ。
もう少し勉強してみる必要がありそうだ。
とりあえず、「ひのきの柱一棟分まるごとプレゼント」に応募しておいた。



巣づくりに関しては進展が無いので、現在住んでいるアパートについて書くとしよう。

一度、記事に書いた玄関のカビが、これである。
IMG_2808.jpg拡大すると→IMG_2809.jpg
(クリックでもっと拡大可能だが、汚いのでご覚悟を↑)

私の度重なる訴えによって、とうとう大家さんが動いてくれた。
リフォーム業者は、外壁の劣化による雨漏りと断定。
マンションの外壁のコーキングを全て打ち替え、塗装も塗り替えるので、
2ヶ月程の大がかりなリフォームになることと、
内装(玄関の工事)は、外壁工事が終わってからになるという説明を受けた。
本当は、先に玄関のカビをなんとかしてもらいたかったが、
大家さんが何度も謝るので、もうしばらく我慢することにした。

これだけの修繕工事に、一体どれだけ費用がかかるのだろう?
建物を維持するのは大変だと思った。
IMG_2806.jpg

これに伴い、
「ベランダに置いてあるものは全て移動するか、撤去してください」
と要請があった。

はっ!!やばい。
私は、数年前からベランダで「なんちゃってガーデニング」をしている。
うちのベランダは物だらけだ。
草木、鉢、棚、ゴミ箱、レンガ、デッキ、イス、テーブル、
その他、ボロくて微妙なガーデン雑貨もろもろ…
中途半端にやりすぎた。
こんなの全部どかすなんてえらいこっちゃ…
IMG_2805.jpg
↑つい前日までこれと似たような状態であった。

ギリギリまで現実逃避していたら、とうとう勧告が入ってしまったので、
当日、朝から汗をボタボタ流しながらすべて撤去。
業者さんと大家さんも、運ぶのを手伝ってくれた。
2人ともレンガを運びながら内心、
「賃貸のベランダで、なんつー面倒なことしてくれるんだよ、この主婦め…」
と思ったことだろう。
申し訳なくて、恥ずかしかった。

鉢を運んでいる途中、ポールに頭を思いっきり「ガツーン」
と打ち、大人のくせに本気で泣きそうになった。

これからしばらくはベランダに養生シートを貼るので、
窓から外に出られなくなるそうだ。
工事は10月中旬迄。
洗濯物や布団は干せないし、網がかかっているので昼間も室内が暗い。
植物の水やりも不便になった。
うぐぐ、こんなことなら訴えなきゃよかった…

IMG_2802.jpg
↑すっきり片付いて広くなったベランダ


作業中、ヤモリの親子(らしき、大小2匹)に出会った。
大家さんと業者さんが、
「ヤモリがいるのは、良い家って言いますね。」
「家を守るって言いますからね。ハハハ…。」という会話を交わしていた。
それを聞いて、心が和んだ。
(ありがとう)

新しい巣にもヤモリが住みついてくれるだろうか?
引っ越し先でも、優しいご近所さんに恵まれることを祈ろう。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
スポンサーサイト

アパートのベランダ復活

09 22, 2010
先月末から始まった自宅アパートの修繕工事は、
晴天続きのおかげかスムーズに進み、予定より早く終わりそうだ。
カビだらけの玄関の壁も、もうじき修理してもらえるらしい。

早くも2週間程前から、ベランダが使えるようになった。
避難させていた諸々を再びベランダへ戻す際、棚やイスのペンキの剥げ具合が気になった。
新居の完成は来年5月末。まだまだここで暮らす期間はたっぷりある。
ということで、ペンキの塗り替えを決意した。

工事休みの日曜日、早朝よりペンキ塗り開始。
息子が触りたがるので、午後から夫に託し(夕方まで遊びに連れ出してもらった)、
私は、独り黙々と作業に没頭。
ペンキは、水性塗料を何色か買ってきて、適当に混ぜた。配合って難しい…
工事用の足場がちょうど良い作業台になった。
1階に住んでいるからこそ、ちゃっかりこんなことができるのだ。
IMG_2839.jpg IMG_2842.jpg

↓とくに無残な状態だったこの棚は、前日、親切なペンキ屋さんにぴかぴかに塗ってもらった。
IMG_2859.jpgIMG_3266.jpg
やはり中身が見苦しいので、その後麻袋(¥100)で目隠し。↑
(せっかく塗ってくれたのに、意味のない使い方してごめんなさい。)

作業の途中、またもや災難に見舞われた。
木に潜んでいた謎の生き物(毛虫の可能性大)に腕を刺された。
クラゲに刺されたような感触で、一瞬ビリっと衝撃が走り、一週間腫れてしまった。
(ちなみに前回は、足場のポールに額をぶつけてタンコブが出来た。)


そして、完成。(息子登場)
IMG_3230.jpg IMG_2854.jpg
右は、私が20歳の頃、独り暮らし時代に買った灰皿。↑若い頃から「悪趣味」だった。
ベランダは、夫の喫煙所でもある。


↓Before ちなみにこちらは1年前。息子2歳。
IMG_1940.jpg

↓After 現在。
IMG_3223.jpg

このテーブルは、リサイクルショップで¥1,000。イスはなんと、1脚¥500
奥の棚は、「押し入れ用すのこ」を改造して工作したもの。製作費約¥400
貧乏性の私は、安く手に入れたものを人に自慢するのが好きだ。
っ!よく見つけたね!」と褒められると、小さな喜びを感じる。


おまけ。
こちらはマザーリーフといって、葉っぱから新しい芽が出てくる不思議な植物である。
車のDMの中に、おまけで入っていたものだ。(広告に植物を使うなんて驚きだ)
あまり好みな植物ではなかったが、見捨てるのが気の毒で育ててみた。
IMG_2925_.jpg
Before 今年の1月にはミクロの状態だった子葉が…

After こんなに大きく、沢山に増えた!!
IMG_2855.jpg
生き物の成長は楽しいね。(老化は全然楽しくないが。)


家づくりとは全く関係ない日記になってしまった。
しかも、こんなにわざわざ披露するほどの完成度もオチも無い…

これも家を建てる前の思い出として記録しておこう。




ブログランキングに参加中。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村
↑ここを押していただくと、このブログのランキングが上がるそうだ。
どうか、応援のクリックを…。

最後のクリスマス

12 25, 2010
昨日は、6年半暮らしたこのアパートで過ごす最後のクリスマスイブだった。 
  IMG_3705.jpg 
IMG_3691.jpg 

クリスマス当日の今朝は寒かったので、結露の量も半端じゃなかった。
IMG_3436.jpg IMG_3437.jpg
結露取りワイパーを使うと、
IMG_3441.jpg 
取れる取れる。ガラス1枚分(窓半分)でこれだけの水量。。。
来年は、このワイパーの出番が無くなるはず…もうひと我慢。我慢。。。

ついでに、10月に植えたベランダのシクラメン。
IMG_3442.jpg 
元気があって良い。


夫に、「最近巣づくりネタが尽きてきたんだろ?」と言われてしまった。



次こそは、まともな巣づくりねたをアップします。
↓どちらかポチっと、応援よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

プロフィール

スプース

Author:スプース
オール国産無垢材と土壁による
巣づくり日記。

カテゴリ
最新記事
pictlayer
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
  784位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
  115位
アクセスランキングを見る>>
スプースさんの本棚
暮らしと住まいに関する本
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。