スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想の庭 *程々のレポート*

05 17, 2011
木と土の巣は、完成まであと1ヶ月。
そろそろクライマックスに突入しようとしています。
工事記録も貯まってきたので、近々お披露目したいと思います。
プスプス更新ですが、お付き合いくださるとありがたいです。

***************************

現在、外構(庭)のデザインについて考え中…。

先週末、夫の実家に帰省した際、お庭の緑がとても綺麗だったので、
わが家の外構の参考にと、撮影させていただきました。

まずは正面アプローチ
IMG_3949.jpg
来客用の駐車場があります。中に進むと…玄関の周りも緑がいっぱい。
IMG_3994.jpg IMG_3950.jpg
門柱にツタが這っている感じも好きです。
IMG_3945.jpg

ウッドデッキには、孫たちが戯れ…
IMG_4016.jpg

裏には、家に合わせて造った小屋と、家庭菜園コーナーもあります。
IMG_3939.jpg IMG_3943.jpg

生垣の外にも植物がいっぱい。
IMG_3934.jpg
このお庭、まさに私の理想です。

夫の両親は、現在このお家に夫婦2人で暮らしています。
お正月やお盆などには子供(孫)たちが集まって、とっても賑やかです。
IMG_4034.jpg
リビングに敷かれたギャッべもいいな…

洗面脱衣所の奥は、ひのき風呂。
IMG_3980.jpg IMG_3982_20110517153933.jpg
お風呂の窓から眺める坪庭。↓この雰囲気、まさに真似したい!!
IMG_3952.jpg

このお家には私の憧れが詰まっていて、
私たち夫婦が「木の家に住みたい」と思うようになった原点でもあります。

(お義父さん、お義母さん、ありがとうございました。
 そして、結婚40周年おめでとう☆)


↓久々にポチっとしていただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
スポンサーサイト
Posted in 外構

石垣と生垣

10 28, 2011
久々の工事記録。
外構レポート参ります。


**********************

外構に関しては、実は私より夫のほうがこだわりが強かった。

「建物が立派でも、庭がちゃんとしてない家はダメだ。」
とうるさく、基礎工事が始まった頃から、
「この斜めになっている部分を平らにしてもらうぞ。」
とずっと言い続けていた。
IMG_3239_20111027215652.jpg
基礎工事の頃。(ちょうど1年前)

土留めは、「ブロックを積めばいいんじゃないか?」と言う私に対し、
夫は「絶対石垣だ。」と言って譲らなかった。
ここは夫に従っておいて正解だった。

外周にもともとあった石垣の上に細かい石を積み上げ、新しく石垣を造っている。
栗石といういろんな色が混ざった自然石を使用。
IMG_4156_20111027220426.jpg
優しい雰囲気で、これが雨に濡れるとまた良い表情を見せてくれるのだよ。

ひとつひとつ丁寧に石を選んで置いていく庭師さん。
IMG_4152_20111027220426.jpg


5月 外構工事前
IMG_414
↓ ↓ ↓
6月 石垣が積まれる。
IMG4147.jpg
↓ ↓ ↓
8月 ウッドデッキと柵完成。(入居したての頃。生活感が出まくっている。)
IMG4276.jpg

そしてさらに!
今週、いよいよ植栽が入り…
IMG5313.jpg

待ち焦がれていた生垣ッ!渾身の夕方ショット。
IMG5316.jpg
夕方は、窓の障子が映えるね。


次回、植栽についてもっと詳しくレポートします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

砂場と石と棚

11 01, 2011
入居してしばらくこの状態だった庭。
DSC0063.jpg IMG4340.jpg
角に余った山砂が盛られ、スギナがもさもさ生えておる。
↓ ↓ ↓
先週。枕木で囲いを作り、
IMG_5283.jpg
↓ ↓ ↓
さらさらの砂を山盛り入れて砂場を作ってもらった。(さぁ、ちびっ子諸君。遊びにおいで!)
IMG_4589.jpg
↓ ↓ ↓
遊び終わったら、ノラ猫の便所にならぬようシートで覆うのだ。
※シート¥430、杭¥250(ホームセンターで購入)。
IMG_4572.jpg IMG_4573_20111101111727.jpg
ここは、子どもが大きくなったら、土を入れ替えてミニ菜園にする予定。


続いて、何やら原始的立派な道具登場。
石を吊りあげる道具(左)と、砂利を固める道具(右)だそうだ。
IMG_5275.jpg IMG_5282.jpg
↑これは三股というらしい。これで重い石を移動させるのだ。
社長が、「三股も二股もかけちゃだめですよ。」と、ありきたりなことを言うので、
私が、「見た目も名前も拷問道具みたいですね。」と言うと、皆失笑していた。(しまった。。。)

ウッドデッキに上り下りしやすいよう、ここに石を置いてもらった。
IMG_5285.jpg

さらに欲が出てしまった私は、勝手口横のごちゃごちゃをなんとかしたくなってきた。
IMG_4451_20111101152422.jpg
とりあえず、アパートで使っていた白く塗ったカラーボックス
鉢や園芸用品を置いていたのだが、雨風によって酷く劣化していた。

「鉢植えを飾ったり、園芸道具を入れるのにちょうどよくて、
 家と統一感のある棚があったらどんなに良いことだろう。」

と言うと、庭師さんは「高いですよ~。」と言いながら、
亀津建築の倉庫から余っていた材料を調達し、ササッと棚を制作してくれた。
杉の棚板と檜の柱に、外壁と同じ塗料を塗ってもらった。(工務店が近くにあるって良いね。)
そのうち、外壁と同じ濃い茶色に変化してくれるだろう。
IMG_4585.jpg IMG_4583.jpg
↑昨年のクリスマスに咲いていたシクラメン。→そのときの記事
枯れたと思っていたら、再び芽が出てつぼみも付いてくれた。


これで、わが家の庭(南側)も完成。
IMG_4588.jpg IMG_4578.jpg
偽物クロックスは見逃してくろ↑

ちなみにこの(庭が完成した)日は、私の誕生日だった。
アラサーのつもりでいた自分。あっという間にアラフォー圏に突入。
夫は夜勤だったので、親友がはるばる電車で40分かけて祝いに来てくれた。
IMG_5289.jpg IMG_5301.jpg
↑このアレンジ、今の季節と気分にピッタリ。実に幸せなバースデイだった。
(友よ、20年近くも懲りずに友達でいてくれてありがとう。)


次回、植栽と北側の庭をレポートします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

植わったぞ

11 06, 2011
「いつかは広い庭でガーデニング」…これもまた一つの夢であった。

アパートのベランダでなんちゃってガーデニングを楽しんでいた私は、
ナチュラル系ガーデンが好みだったが、和な新居では確実に合わないので断念。
かと言って、手入れに手間と銭のかかる純和風な日本庭園なんて絶対に無理。
ril4.jpg e0107528_17585973.jpg
(画像拝借いたしました。)

…と、方向性に悩んでいたが最近、雑木ガーデンというジャンルを知った。
雑木を用いた造りすぎない自然の庭ということで注目されているらしい。
zoki_04.jpg (画像はすべてお借りしました。)

そう言えば、私が理想としている夫の実家の庭も同じジャンルなのかもしれない。
もともと雑木庭を得意とされていた庭師さんは、この方向で庭づくりを進めてくれた。

「何か植えたい木はありますか?」と聞かれ、
季節の匂いがする花ということで、ジンチョウゲ、アジサイ、ライラックをお願いした。
中でもライラックには思い入れがあり、私は「5㎝ぐらいの冬に咲く花」だと思い込んでいた。
が、庭師さんに「ライラックは春の花ですよ。」と訂正された。
マニアックな庭師さんは、何故私がそんな勘違いをしたのかすぐに気付いてくれた。

植えてもらった草木の種類をすべてメモしておいたのだが、
地面に挿す時点であれあれ?植物と名前が一致しない… これって、どの木だったっけ???
IMG_4618.jpg IMG_4640.jpg
庭師さん、すいません。もういちど教えてくださるとありがたいです。


南側。(天気が良かったので、布団と娘も干してみた。)
IMG_5374.jpg
↓ ↓ ↓
部屋の中から見る。まだ植えたばかりなので、葉はまばら。
IMG_5334.jpg
来年の春が待ち遠しい。


広い道路に面した西側の庭は結構びっしり植わっている。
IMG_5375.jpg
以前、ベランダで鉢植えしていたオリーブや、
玄関に置いていたシマトネリコも地植えしてもらった。

ベランダの上から見ると…
IMG_5330.jpg IMG_5329.jpg
この子たちを将来暴走させないよう、まめに管理出来るだろうか…
ちょっと不安もあるが、とにかく楽しもう。


しつこいが、お気に入りの一枚
IMG5316.jpg
この石積みの下には…
↓ ↓ ↓ 
さらに石垣。
IMG_5324.jpg
この地区はもともと石垣で整地されており、ツツジやサツキ等が石の間に植えられていた。
ちなみに、家が建つ前は、石垣ボーボーであった。 ↑ ↑ ↑
した

そして反対側。ここにも石の間に何か植えようか…
IMG_5325.jpg
時間と心に余裕が出来てからにしよう。


庭レポート、まだまだ続く。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

庭完成。雨上がりの玄関。

11 09, 2011
昨日の朝、夫がうれしそうに「おんし、砂場見て来や♪」と言う。

「うww」 嫌な予感的中。シートの上にこんもりと猫の糞(フン)が。。。
猫は、用を足したら後始末をする高貴な動物だと思っていたのに。
猫としての品格もプライドも無い輩(やから)め。
なんでわざわざここに来てこの上にするんだよ?
IMG_4572_20111108112354.jpg
↑名案だと思ったのに…とほほ。
何か他に良い策はないものだろうか?

************************


気を取り直して、外構レポートいよいよ最終回。

駐車場とアプローチの工事は、私が出産入院中であった為、
撮影記録することができなかった。
きっと見ごたえのある楽しい工事だったに違いない…残念。

車庫の前にはベージュ色の御影石。
IMG_5408.jpg
駐車場(屋根の無い側)は洗い出しで仕上げてもらった。
IMG_5423.jpg これがまた雨の日に映えるのだ。

IMG_5414.jpg
↑それにしても、この車庫にイマイチ似合わない車。(…も見逃してくろ。)


門柱の地層のようなグラデーション模様は、「版築」といって、
板枠の中に土を盛り、1層ずつ突き固めていく築造法で、これも土壁の一種だそうだ。
IMG_5418.jpg IMG_5412.jpg
これは左官さんの仕事かと思いきや、スーパー庭師さんがやってくれちまったそうだ。さすが☆
金森さんのインターホンと絶妙にマッチしている。
IMG_4272.jpg

実はこの版築。以前雑誌で、飛騨の左官アーチスト「秀平組」が手掛けた
この壁↓を見て以来、忘れられなかったのだ。
15ootsuki.jpg(オークヴィレッジさんより拝借)
ささやかながらわが家で実現出来たことをありがたく思う。


庭師さんイチオシアイテム↓
IMG_4157.jpg
楽しみにしていたイタリア生まれの高級ピンコロは…
 ↓ ↓ ↓ ここに使われた。
IMG_4597_20111110120216.jpg
和な佇まいの中、ひときわ目を引く赤い独立型ポスト(→)は、
新聞と回覧板が同時にすっぽり入るBIGサイズで、郵便物(鍵付)と区別して回収できる。
見た目だけでなく、中身も機能的で優等生である。
IMG_4601.jpg
石畳(ピンコロロード)を歩いていくと、奥に坪庭(普段は鍵をかけている。)
玄関から風呂の前まで続く高さ約2mの板塀は、
エコキュート、室外機、電気メーター等の目障りな諸々を隠してくれている。
坪庭の中は、竹林。
IMG_4604.jpg 次回、風呂から眺めよう。


檜の板塀土の門柱で、まさに木と土の巣に相応しい外構えが完成した。
IMG_5415.jpg
街路樹のナンキンハゼが1本だけ紅葉している。

怒涛の雨降りショット。
IMG_5419.jpg
丁寧に積まれた石、そして草木が萌えるよ。


庭師さん、ありがとうございました!


これをもって、わが家の工事はすべて終了。
ついに木と土の巣は完成したのだ。


もうじき最終回。…に向けて応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村 トラコミュ WEB内覧会*外構へ
WEB内覧会*外構

プロフィール

スプース

Author:スプース
オール国産無垢材と土壁による
巣づくり日記。

カテゴリ
最新記事
pictlayer
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
  1305位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
  191位
アクセスランキングを見る>>
スプースさんの本棚
暮らしと住まいに関する本
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。