スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急相談 ~脱衣所の窓~

02 09, 2011
最近、更新が遅れ気味であるが、
自分のブログを読み直して気付いたことがあった。

ん?脱衣所の窓が、透明になっている。

たしか、打ち合わせでは擦りガラスで依頼したはずなのだが…
これではカーテンを付けないと、外から着替えシーンが丸見えじゃないか?
IMG_3654_20110209174156.jpg

工務店に電話を入れてみると、
「申し訳ありません!すぐに再発注の手配します。」と、
気持ちの良い対応をしてくれたのだが…

と、その前に現場に行って確認してみたところ、
この窓は透明のままでも、さほど問題が無さそうなことに気が付いた。

脱衣所は、玄関のすぐ隣に位置していて、高い位置に付けられているこの窓は、
玄関から伸びている大きな庇によって、外からはかなり見えにくい場所にある。
(↓グレーの部分が庇)
1階 窓

外から見ると、こんな高い位置にあるので、
道路側からは、庇にすっぽり隠れて見えない。
IMG_3724.jpg
もし、脱衣所の中を覗くには、このような脚立や踏台が必要な高さである。
この住宅地で、正面玄関の間横でそんなに必死で窓を覗く変質者がいたとしたら、
たちまち目立って目撃&通報されてしまうことだろう。
そんなに神経質に考えることでも無いのかもしれない。
それならむしろ、透明のままのほうがいいのでは?

大工さんに相談すると、
「変態が出ないかどうかは保障できませんが、
 擦りガラスは多少遮光性があるので、
 透明ガラスの方が明るいとは思います。難しいですね。。。」

なるほど。明るくて開放的なのは透明ガラスである。
擦りガラスにすると、ただでさえ小さなこの窓がさらに小さく見えて、
閉塞感が出てしまいそうだ。

しかし、これから生まれてくる子がもし、女の子だったら…
いずれ思春期を迎える娘の為にも、絶対安全を考えて、
擦りガラスにした方がいいような…。
だが、次生まれてくるのはまた男である確率が高い。
(前回の検診で見えてしまったのだ。これがどうも見間違いではなさそうなのだよ。。。)


工務店は、「擦りガラスにはもちろん無償で交換します。」と言ってくれている。
優柔不断な私は、ガラスを替えるか替えないかの決断に迷っている。

ああ、どうしよう。どうしよう。。。どっちがいいかな?
ゆっくり悩んでいる時間は無い。



この記事を読んでくださった方、どなた(匿名)でも結構ですので、
どうか、ご意見をお願いします。
この、一見くだらなくも本人にとっては切実な問題の解決に、力をお貸しください。

そして、工務店の皆さん、初のハプニングをこんなに大袈裟に取り上げてごめんなさい。



工事の進捗状況は、次回記事にて。


ついでにポチっと↓ランキングを覗いてみよう
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
スポンサーサイト

脱衣所の窓 解決

02 11, 2011
前記事につきまして、たくさんのご協力をいただき、たいへん感激しております。
本当にありがとうございました。

例の窓は、すりガラス(正確には型ガラスというらしい)に変更してもらいました。

夫に「娘ならまだしも、おんし(※)を覗く奴なんていないだろ。」
(※おんし:岐阜県民(のご年配)特有の方言で、「おぬし」の訛り。
      私の祖父にインスパイアされた静岡県出身の彼は、新婚当時から私のことをおんしと呼ぶ。)

と言われてカチンときつつも、
「それもそうだな…この小さい窓に必死で貼り付く変態なんていないだろう。」
と思っていました。
そして、型ガラスより透明なガラスの方が好みということもあり、
透明ガラスにしておこうと思いつつも、なんとなく迷っておりました。

ところが、一番多かった「透明だと、見られてるようで落ち付かない。」
というご意見に納得!なるほど。安心を得ることは重要です。
そして、「すりガラスはナシです。」という意見が一つも無かったことから、
「すりガラス(型ガラス)万歳!」という結論に至りました。

以前のトイレとリビングを隔てる建具問題(解決済)同様、
じつにくだらない相談を投げかけて、申し訳ありませんが、
親切な皆様のおかげで問題解決に至っております。

(私はくだらないと思ってはおらず、真剣に悩んでいましたが、
 身内(夫と友人)に「くだらなすぎる」と言われてしまいました。)


これからもどうか、よろしくお願い致します。


spuce


ついでにポチっと↓ランキングを覗いてみよう。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
Posted in ハプニング

04 11, 2011
我が家の工期が長引くことになった。
完成・引き渡しと引っ越しは、梅雨か初夏の予定。
その頃の私は、完全に身動きがとれないであろう。
「夫よ、引っ越しはキミに任せた!!」
私の入居は、里帰り出産を終えた頃の真夏になるだろう。

本日、工務店にてキッチンの最終の打ち合わせだった。
妄想中はテンションが上昇し、現実(金額)を見せられると下降する。
浮いたり沈んだり…巣づくりはこれの繰り返し。
とりあえず、最も心配していた件が解決しそうなので、ホッとしている。


今日もチルチンびとの最新号を頂いた。
IMG_3866.jpg IMG_3875.jpg
お!ささやかに我が家が載っている。↑ 竹小舞の状態の頃だ。懐かしい。
とても小さい写真だが、我が家のリビングだとすぐに気付いて、ちょっと嬉しくなった。

亀津建築は最近、「住む。」という住宅誌にも掲載されている。
37_index-221x300.jpg
こちらは残念ながら、工務店に支給していないそうだが、
この本は以前からとても好きで、よく立ち読みしていた。(←買おうよ。)


先週末、新居近くの桜が満開だった。
IMG_3857.jpg
新居の住所には、地名に「桜」が付いているだけあって、桜並木がとても綺麗。
来年の春には、この桜並木が毎日見られるのだ。
ここでどんな暮らしをしているのだろう?想像するとわくわくする。
その頃にはきっと、日本も元気になっていると信じたい。

そして、南側の空き地(駐車場)につくしが沢山生えていた。
IMG_3855.jpg
こいつを卵とじにして食べると美味しいのだ。
(さすがに人様の土地なので、採りませんでした。)

春だなぁ~


↓ポチっと応援、ありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
Posted in ハプニング

スプースさんちの失敗集

06 25, 2011
木と土の巣が完成しました。
本日より2日間、現場にて完成見学会を行っております。

更新がギリギリになってしまいましたが、
予告通り、恥を忍んでわが家の「あちゃ~」な部分を紹介します。

*******************************

まずは、小さな残念から。

外壁に合わせて、せっかくなら屋外のコンセントやメーターボックスもこだわりたかった。
b0221326_623870.jpg ⇔ IMG_4143.jpg IMG_4144.jpg
ガルバリウム(金属)製のクールな雨といに対して、プラスチック感丸出しなメーターボックス。
これが玄関横の結構目立つ所に設置されている。
しまったなぁ~。こういう細かい所に気を配るのをうっかり忘れていた。
※ちなみに、メーターの横にでーんとそびえ立っている存在感特大のエコキュートは板塀で隠される予定。
↓ ↓ ↓
今どきは、こんなお洒落でモダンなメーターボックスが存在するのだ。
flash.jpg main.jpg

↓こちらも。
(左)わが家に付けられた普通のコンセント。⇒ (右)こんな洒落たのがあったなんて…。
31XVGeaUfAL__SL500_AA300_.jpg ⇒ img_03.jpg
両方とも後で自分で付け替えようかと思ったが、専門の電気工事が必要とのこと。
しばらく凹んでいたが、完成した玄関を見たらそんな小さなことは気にならなくなった。



次は、かなりショックな失敗。

「天井の低い和室に壁付けの照明を。」と、
ネットショップで見つけたこのステンドグラスのブラケットに一目惚れした。
bracket_kobako_20110221173147.jpg →その時の記事
私は、この照明が付けられるのをとても楽しみにしていたのだが、
いざ、実際に付けられたの見て、あまりのショックに悲鳴を上げてしまった。
この照明実物はかなり大きく、コンパクトな和室の中でとてつもない違和感を放っていた。

あまりのショックに撮影を忘れたので、強引に合成↓
わsつ - コピー
和室のかなり低い位置に、突如カントリーな玄関灯が生えているような奇妙奇天烈っぷり。

私は、現場にいた棟梁・電気屋さん・設計士さんを捕まえ、
なんじゃコリャー!!!これ、絶対嫌です。すぐ外してください。」と訴えた。
お願いします。これじゃ和室がギャグになってしまいます。
と必死な私の懇願に、設計士さんは大爆笑。
「実は僕も思ってたんですよ~!これ取り付けた瞬間、倒れそうになりましたもん。」
棟梁も笑いをこらえながら「急いでなんとか代わりを探します。」と、
私のわがままに応えてくれた。
電気屋さんもかなり迷惑だったに違いない。。。本当にごめんなさい…

↓ ↓ ↓
そして、必死で代替品を探してもらい、仕上がった和室。
IMG_4196.jpg
「助かった~。。。本当に感謝します!」わがまま極まりない施主をお許しくだされ。

ちなみに、このかわいそうなkobakoですが、
単体ではとてもかわいらしく、ナチュラルな雰囲気の照明です。
こちらを見学会現場にて、先着1名様にプレゼントしたいと思います。
ご希望の方は「あの可哀想な照明見せて❤」と、スタッフに聞いてみてください。
※「何の事っすか?」と返されたらごめんなさい。



まだまだ続く失敗…1階トイレ。
トイレは自分なりにこだわってみたかった。
KAWAJUNのペーパーホルダーとタオル掛け、INAXのスマートリモコン。
img56998648.jpg img56998642.jpg f0198684_23465074.jpg 
これらを、レトロな泡入りガラス傘照明と合わせようと企んでいた。
OB080732_20110625051505.jpg image_satis_20110625081145.jpg
便器は、INAXのタンクレス「SATIS」で、どれもこれもカッコつけてみた。(つもりだった)

しかし、手洗い用自動水栓は震災の影響で入手出来なかったようで、
代替品として、他メーカーから届いた水栓がこれ。↓でかっ!
DB01342s_20110625051505.jpg ⇒ b0221326_2112867.jpg
「手、洗ったるで~」と主張しまくっているような水栓金具にウケた。

これらをあわせると、もう何とも言えないちぐはぐ空間に…。
IMG_4181_20110625061434.jpg
夫は、「おい、おんし…。ほんとうにこれでよかったのか???」
と、切ない表情を浮かべていた。
いやいや、まだこれからだよ。
壁に鏡を掛けたり、植物でも置いたりすれば良くなるはず…(と信じよう)



続いて2階トイレ。
こちらも、施主支給のホルダーとタオル掛け。
OP034404_20110625055340.jpg img57471692_20110625055043.jpg IMG_4279.jpg
アルミの傘ペンダントにこれらを合わせて、昭和なチープさを狙ったつもりであった。
が、またも夫に「ビミョ~。。。」と言われてしまい、
己のコーディネート力とセンスの無さを思い知った。

あ~。余計な事しすぎたかな。
注文住宅とはいえ、ある程度はプロにお任せするべきだったかも…
IMG4270.jpg IMG_4276.jpg
まぁ、いいさ。これも思い出と教訓になるだろう。
そんなことより、トイレの収納に扉が付いたことが嬉しかった。


次回、最後の自慢で〆ようと思います。どうか応援くださるとありがたいです。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ


Posted in ハプニング

スプースさんちの失敗 その2

08 13, 2011
私が里帰りをしていた約1ヶ月間、夫はここで独り暮らしをしていた。

私が久々に新居を訪れると、
各部屋の真ん中にダンボールが積まれたままになっていたが、
リビングや洗面脱衣所の棚はきちんと整理整頓されていた。

しかし、彼は整頓は得意でも清潔を保つのは苦手だったようだ。

私がこの家に入って最初に感じたのは湿気であった。
「なんだ?このジメジメ感は?!」
夫は四六時中、窓もカーテンも障子もすべて閉め切って生活していたそうだ。
そして、湿気のこもった脱衣所に洗濯物を干していたらしい。

白いユニットバスと洗面器にピンク色のぬめりとカビが…
これはすぐに洗い流すことができた。
(ちなみに、槇の天井と壁は常に乾いた状態で綺麗なまま。)
最もショックだったのは、
脱衣所に3週間敷きっぱなしだったバスマットをどかした瞬間、
杉のフローリングは変色し、なんと黒いカビが生えていた。
IMG_4318.jpg IMG_4316.jpg
げぇ…まだ一度もお風呂に入ってないのに既にカビが生えてるなんて。。。↑
(↓バスマット使用後は掛けておきましょう。)
IMG_4319.jpg

怒っても仕方ない…男の独り暮らしってこんなもの。。。
そして、無垢の床は、やっぱり気を付けなければいけない。
このカビの一件を工務店に話すと、「そのシミ、消してあげましょう。」と、
頼もしい返事が返って来た。(よろしくお願いします。)


これらの悲惨な現状とダンボールの山に倒れそうになりながらも、
「なんとかここを家族4人で住めるようにしなければ…
 巣づくりはこれからだ!」と奮い立ち、
それから毎日、家中の窓を開け放ち、換気と片付けに奮闘。
現在、ようやく荷物も片付いて湿気も無くなり、快適に過ごせるようになった。


さて、ショックな現実はこれだけではない。

私の欲望のひとつ。
「木の香るお風呂で、坪庭を眺めながらゆっくり寛ぎたい。」
IMG_4320.jpg
というわけで、透明の大きめな窓の周りを板塀で囲ってもらったのだが…

ぎょ…上の方の家から丸見えじゃないか!?
IMG_4329.jpg IMG_4327.jpg
この板塀、結構高さはあるのだ。
これ以上高くしたら、景観にかなりの圧迫感が出てしまう
ということで、この高さが限界だった。
IMG4337.jpg

坪庭に植栽が入ったらうまく目隠しされるだろうか?
屋外のライトを付ければ、多少の反射効果も狙えるだろうか?
あれこれ考えてみたが、とりあえず今は簾で隠すことにした。

IMG_4332.jpg

…けど、「夜になったら外から見えるんじゃないか?」と不安は拭えず、、、

↓このように対処した。
IMG_4392.jpg
『プラレールおふろでペタペタDX』
良く出来た玩具だこと☆
タカラトミーと、これをプレゼントしてくれた義姉さんに感謝!

悲しいことに、景色なんぞ全く見えない(ToT)/~~~


そもそも、この住宅街でそんな欲望実現しようなんて無理だろ?
なんて言わないでぇ~(T_T)

にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
Posted in ハプニング
プロフィール

スプース

Author:スプース
オール国産無垢材と土壁による
巣づくり日記。

カテゴリ
最新記事
pictlayer
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
  869位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
  126位
アクセスランキングを見る>>
スプースさんの本棚
暮らしと住まいに関する本
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。