木と土の巣づくり

『国産無垢材と土壁の家』ができるまで。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
支線よさらば :: 2010/12/06(Mon)

先週、木曜日。
いつものように午後3時に、お菓子とポットを持って現場へ行ってみると、
手前で交通整理がされていて、高所作業車が停まっていた。
歩道を見ると、あの街路樹の肉片の付いた支線が取り外され、
新しい電柱を建てる工事をしていた。

私にとって、この支線たちには思い入れがある。
初めてこの土地と出会った時、4本の支線と街路樹がこの土地を塞いでいた。

支線撤去2
支線図
これらをどかすことができるかできないかで、巣づくりの運命が大きく変わっていただろう。
そのときのエピソード

4月。土地購入前。街路樹と4本の支線が立っている。
うえ
↓ ↓ ↓
10月。歩道切り下げ工事後。まだ2本の支線が残っている。
IMG_3054_20101206103255.jpg
↓ ↓ ↓
2010年12月現在。電柱が新設され、支線は全て撤去された。
IMG_3601.jpg

最後の支線が取り除かれる瞬間をカメラに収めようと、
「写真撮っていいですか?」
と、作業員のおじちゃんに尋ねると、おじちゃんはしばらく固まり、
「こんなオジイを撮ってくれるの?恰好良く撮ってね。」と言ってくれた。
IMG_3585.jpg IMG_3584.jpg
(おじちゃん、かっこいいです。)

NTTの作業員さんに、
「さっきまで、左官屋さんたちがみえてたけど、ちょうど今帰られたよ。」
と言われて家の中を覗くと、土壁は全て塗られていて、
片付けと掃除が綺麗にされてあった。

私が、「3時だし、休憩しませんか?コーヒー作りますよ。」
と言うと、電柱の作業していた人たちは一瞬驚いた様子だったが、
「では、いただきまーす。」と言って笑顔になり、
交通整理の警備員さんも、交代でコーヒーを飲んでいた。
電柱の工事をここまで興味深く観察し、写真をカシャカシャ撮り、
「休憩せよ。」と仕切る妙な施主(暇人)は、私ぐらいなのかもしれない。
皆さん嬉しそうだったから、良しとしよう。




前回も記したが、支線とは、電柱を引っ張って支えているワイヤーのことである。
抜いてしまうと電柱が倒れる可能性があるので、
代わりの場所を探して打ち込まなければならない。
我が家の場合は、4本全ての支線が邪魔していたので、これを抜くためには、
支柱(新たな電柱)を建て、上からワイヤーで引っ張るという、
ちょっと大がかりな工事になってしまった。
費用は、敷地内であれば施主の負担は無しなのだが、
この場合は公道であるので、私たちも一部負担(\125,000程)しなければならない。


土地購入前、支線移設について調べていた頃、
この方のブログ記事が大変参考になった。
↓ ↓ ↓
「電柱や支線は移動できるか?」 /『僕ん家ができるまでの記録』
記事内容のわかりやすさ、丁寧さに加え、お家のセンスと完成度の高さに圧巻!
私が、「巣づくりの記録を付けよう。ブログをやってみよう。」
というきっかけとなった、尊敬すべきブログである。
(cyocoさん、リンク貼らせていただきました。)

そして、街路樹撤去について。
街路樹は、市の財産なので、基本的に伐採してはいけないのだが
やむを得ない場合は、移植ということで、代わりの場所を探して植えなけらばならない。
代わりの場所がどうしても見つからない場合は、
その地区の自治会長に『伐採許可』の同意をもらい、
同意書を市役所の土木課に提出する
という流れだった。
(移植という話が出たときには焦ったが、伐採・撤去で申請できたのでホッとした。)
この手続きは、不動産会社から工務店が引き継いで行ってくれた。


樹木伐採と歩道の切り下げ工事費用は、約30万円。
+(今回の電柱工事)12.5万円=(合計)42.5万円。
ちなみにこの費用分は、土地購入時に売主さんに土地代から値引きしてもらった。
売主さんと、値引き交渉してくれた不動産会社に感謝である。




我が家の工事は、土壁を乾かす為、ここで一旦ストップ。
この時期、しばらく現場に通わなくてもいいのは
本格的なつわり期に入った私にとって、ありがたいことである。
工事のスピードが速いと、更新が追い付かないのでちょうど良い。
※つわりとは、二日酔いのような胃のムカムカ状態が1ヶ月間毎日続くようなものである。
 しかし、ひたすら吐き続け、水まで戻してしまうという重度の妊婦さんに比べたら、私の症状は全然軽い方だ。

今年は、竹小舞と土塗りと街路樹・支線撤去を無事拝むことが出来て、もう大満足である。

これから工務店と仕様(照明、建具や造作家具、コンセントの位置等)
を決めていく打ち合せがちょくちょくあるらしく、これがなかなか楽しみだ。
先週は、サッシの色を決めたりした。

今後しばらくは、あらゆる欲望や妄想を記していこう。



↓どちらかポチっと、応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ



テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

  1. 街路樹と電柱支線の撤去
歩道の切り下げ工事 :: 2010/10/14(Thu)

本日、現場に行ってみると…
IMG_2920.jpg
木の根っこは既に無くなっていて、歩道が切り下げられていた。
昨日工事されたようだ。今日は誰も居なかった。(見逃した。)
ショベルカーやミキサーは活躍したのだろうか?…ちょっと残念。

仮設トイレが設置されているのを見て、「いよいよだ。」と、わくわくした。
IMG_2919.jpg
↑約4.5m幅切り下げられたので、車庫入れが余裕に出来そうだ。
社長が、車高の低めな夫の愛車を見て、
「バンパーを擦らないように段差を綺麗に無くしてあげよう。」
と思ってくれたらしい。
明日は道路を舗装するロードローラーが来たりするのかな。
タイミング良く見られたらいいな。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

翌日正午頃行ってみると、既に舗装完了していた。(早ぇ~!!)

201010151128000.jpg




先日、工務店を訪れた際、チルチンびと最新号をいただいた。
私はさらに、和モダンという高級誌を見つけ、
図々しくも「これも欲しいな…」と、ちゃっかり2冊いただいてしまった。

この和モダンに、亀津建築が載っている。(惚々した。↓)
IMG_3300.jpg IMG_3297.jpg

実は、うちにあるチルチンびとは、自分で購読したのは3年前の42号1冊のみ。
ほか全ては工務店から貰ったものである。
亀津建築には、カタログが存在しない。
完成見学会等のチラシも1色刷りのとても質素なものだ。(広告費削減か??)
代わりにチルチンびとが、カタログや宣伝のようなものなのだろう。
ある意味、贅沢だな。
IMG_3289.jpg
いつの間にかこんなにいっぱい…ごめんなさい。ありがとう。


ビルダーとしては、このブログの存在をひそかに喜んでくれているらしい。
「家が完成したらリンク貼らせてください。」と言ってくれた。
私も嬉しかったが、
「あくまでも宣伝ではなく、記録として綴っているので、良い事ばかりとは限りません。
 今後の工事過程でミスとかトラブルが起きたら、正直に書かせてもらいますよ。」
と、ちょっぴり意地悪なことを言ってしまった。
社長は全く顔色を変えずに
「いいですよ。書いてください。そんなヘマしないもんね。」
と、余裕の笑顔で答えてくれた。

頼もしいことだ☆期待しております。


↓本日の順位
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村

  1. 街路樹と電柱支線の撤去
街路樹伐採 :: 2010/10/08(Fri)

ついに、土地を塞いでいたあの厄介な木と支線を撤去する工事が始まった。

支線図
街路樹,支線
↑こいつらのおかげで、敷地内に車の乗り入れが出来ない状態であった…

※支線とは、電柱を引っ張って支えているワイヤーのことである。
 抜いてしまうと電柱が倒れる可能性があるので、
 代わりの場所を探して打ち込まなければならない。


↓ ↓ ↓ ↓
昨日行ってみると、重なった支線2本は既に撤去されており、
街路樹は切り株状態になっていた。
IMG_2910.jpg

頭上の支線に食い込んでいた街路樹の肉片が痛々しかった。↓
この3本目の支線も撤去(移設)して、背の高い車の乗り入れも出来るようにする。
IMG_2913;
庭師さんが、「(街路樹の)無残な姿を見てやってください。」
と言いながら、根っこと戦っていた。

来週は重機が登場するそうなので、息子と見物しよう☆


にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村

  1. 街路樹と電柱支線の撤去
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。