スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン

09 10, 2010
あたりまえのことであるが、巣づくりには多額のが要る。

それを現金ですぐに用意できれば最高だが、
私たちには、銭を貸してくれるサポーター(金融機関)が必要だ。
土地・ビルダー探しの次は、銀行探し…巣づくりは根気が要る。


数ヶ月前にさかのぼるが、まだビルダーを決定していなかった頃、
数社の住宅会社は、住宅ローン知識ゼロの私たちに、
熱心に資金計画をアドバイスしてくれた。
「今なら●●がおすすめです。」「弊社と●銀行の提携ローンもございます。」等々。
月々のローン返済のシュミレーションまでしてくれた会社もあった。

K建築に相談すると、
現在メインバンクに利用されてる銀行が、一番便利だと思いますよ。
実にシンプルなアドバイスだった。
ここでも、家を『売る』会社と、『造る』会社の違いを感じた。

我が家がメインバンクにしているのは、『OK銀行』という地方銀行。
田舎の銀行なのに、サービスがとても充実している便利な銀行である。
なんと、365日年中無休。窓口は19時、ATMは24時まで営業しているのだ。



5月中旬。
土地購入の為に、OK銀行の窓口で財形貯蓄を引き出した際、
ついでに住宅ローンのパンフレットを貰って簡単な説明を聞いた。

翌日、OK銀行の営業マンが、父の会社に挨拶に来たそうだ。
「昨日、娘さんにご来店いただきました。
 土地をご購入されたそうで、おめでとうございます。
 住宅ローンも、ぜひ当店でお願いします。」
それを聞いて私は、銀行の素早い対応(?!)に驚いた。
※夫は『婿養子』であり、私の父が経営する(小さな)会社の社員である。
 そしてOK銀行は、会社の主要取引銀行である。


父は最初、「娘夫婦が勝手に建てる家なので、自分には関係無い。」
と言っていたが、途中から、
「それなら、ローンはそちらで借りさせるので、K建築という会社が、
 安全か(多額の負債を抱えたりしてないか)どうか調べてほしい。」
と、交換条件を出したという。

「このご時世、小さな工務店はいつ倒産してもおかしくない。
 実際、地元の建設会社はいくつも潰れているし、大手住宅メーカーも倒れる時代だ。
 もし、建設途中に工務店が倒産してしまったら、銀行も痛手を被ることになりますよ。
 あなたたち銀行は『金貸しのプロ』だから、わかるはずですよね?」
と父が言うと、銀行の営業マンは、
「おっしゃる通り、たいへん重要なことだと思います。すぐにお調べします。」
と言ったそうだ。

父は、20年前に実家を新築した建設会社が、10年程前、夜逃げしたことを例に挙げていた。
工事がストップしたまま放置された『建たない家』が何軒もあったそうだ。
「我が家も、もし建設途中に夜逃げされてたら…と思うとゾッとする。」と言っていた。

それにしても銀行に調べさせるなんて…
まるで、結婚を反対されている恋人の身上を、
こっそり探偵を使って調べられているような複雑な気分だった。

後日、銀行からの調査結果は、
「直接の取引は無いので断定はできませんが、多額の負債等は無さそうです。
 業績もわりと伸びてきている会社ではないでしょうか。」とのことだった。
このとき私は、心からホッとした。
そして、銀行は頼めばこんなサービスもしてくれるのかと勉強になった。

「もう一切口を出さないし、何が起きても助けないから、勝手にしろ。」
と言いながらも、父は私たちのことを心配していたのだ。→そのときの記事その次の記事

「親の力は一切借りないぞ」と思っていた私だが、両親には感謝しなくてはならない。
そして、K建築には誠に失礼極まりなく、大変申し訳ない。
ますますこのブログの存在を打ち明けにくくなった。
(↑※この後、打ち明けてしまった。)

こうして、住宅ローンはOK銀行に決定。
本当に、K建築のアドバイス通りになってしまった。
とりあえず多めに設定した概算見積を出してもらい、審査は早めに通しておいた。
これが、6月のことである。




来週、待ちわびていた久々の打ち合せだ。
やっと詳細見積が出る。概算を大幅に上回っていたらどうしよう…
いろいろ追加したり、坪数も上げてしまったので、かなり心配だ。

それと、このペースで10月着工、本当に間に合うのか??


にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted in 資金計画

契約

09 26, 2010
9月23日(秋分の日・大安)、K建築 と工事契約を交わした。

着工は2010年9月29日。
完成が2011年5月31日予定。

土壁の家の最大のデメリットは、この8ヶ月という長い工期である。
一般的に、住宅の工期は3~4ヶ月。
土壁の家は、竹を編む手間と土を乾かす時間がかかる為、
平均の倍以上の工期を要するのだ。

この長い工期が、なぜ辛いことなのか?

※既にご存知な方が殆どであるとは思うが、これから巣づくりを考えている方への参考までに…

住宅ローンは、家が完成してからでないと、融資が実行できない
しかし、ビルダーに代金を支払うのはもちろん家が完成する前だ。
ちなみにK建築へは、契約時、中間時、完成時の3回に分けて支払いをする。

この間、住宅ローンとは別のローンを一時的に組んで、支払いに回す。
これをつなぎ資金と言い、これにはもれなく立派な利息が付いてくる。
銀行の営業マンからこれを聞いたとき、無知な私は「何じゃそれ??」と思った。
「厄介なしくみだな…カタイこと言わないで最初から貸しておくれよ~。」と心の中で叫んでいた。


このため工事中は、つなぎの利息も払いつつ、アパートの家賃も払い続けなくてはならない。
工期が長いと、このダブル負担期間がそのぶん長くなるのだ。
(土地もローンで購入している人はこの間、トリプル負担することになるのだろうか??)
8ヶ月間トータルでこれらの負担額を計算したら、すごい額になりそうだ・・・・
つなぎのみ

ここで、自己資金(頭金)が、いかに重要になってくるかを思い知った。
最初の支払い(契約時)は、なるべく自己資金でまかなうよう銀行営業マンにアドバイスされた。
K建築には契約時の負担額をやや低めに設定してもらい、
ここに残りの自己資金を可能な限り注ぎ込むことにした。
つなぎ資金が発生するのは、中間期↓(2月頃)なので、4ヶ月間は利息が助かる。
自己資金
↑これは間違いである。思いっきり私の勘違いであった…。
 中間金は、上棟後(11月)に支払い予定…かなりの誤算である。
 (ショッキングな事実は、後の記事に書くとしよう。)



分譲住宅なら、こういう(つなぎ等の)煩わしさが無いし、
買ってすぐ住めるって、なんて気軽なんだろう…買う人が多いわけだ。

何度も呟いてしまうが、注文住宅(巣づくり)はかなりの根気と覚悟と蓄えが必要だ。
結婚7年目にしてマイホームを持つのは、色々な意味でちょうど良い時期だった。
新婚の頃には、こんなにじっくり巣づくりできる余裕も気力もなかった。




なんだか銭の話は疲れるので、昨日作ったこけ玉(左)と、
近所の花屋で一目惚れした鉢(右)。値段も可愛いかった↓
IMG_3242.jpg 鉢
今までミズゴケ(乾燥した苔)で作ってきたが、今回は山苔(生きている苔)。
この苔は、実家の裏の用水路にわさわさ生えていた。

こちらは、夫が踏んづけて駄目にしてしまったジョウロ。(底に穴を開けて鉢にした)
IMG_3252.jpg
オーストラリアンローズマリーとう名の植物を植えてみた。
ハーブのローズマリーとは全然違って無臭である。


ああ、早く本物の庭が欲しい。。。


↓ご協力、ありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村
Posted in 資金計画

銭と保険

10 06, 2010
最近の私は、のことで頭がいっぱいだ。
諸経費というやつだ。
覚悟はしていたが、思った以上に出費、出費、出費がかさんでいく…

以前、『頭金』としての自己資金の重要性を記事にしたが、
それ以上に、自己資金は手元にかなりの余裕を持って
残しておかなくてはならないことを思い知った。
「家を建てると、頭が禿げるとか白髪になる。」と誰かが言っていたが、
その意味が分かるような気がした。

これから工事を進めながら、細かい仕様を決めていくのだが、
私が一番心配なのは、細かい欲望や追加によって生じる予算オーバーである。

ものすごく不安になったので、社長に相談に乗ってもらった。
多少の変更や追加なら、予算内でなんとか対応してくれるそうだ。
「よほど大きな変更をしない限り、契約時の予算を大幅にオーバーすることはありません。
 そんなに心配しなくても大丈夫。」と言われて安心した。
ところで、亀津建築は、とんでもない場所(林の中)にある。
今日は、事務所内で蚊に刺されまくった。(蚊取り線香設置してくだされ。)
しかし、ここに来るとなんだかホッとする。


息子に家の模型(旧型)を破壊された。
IMG_3272.jpg
↑宮下さん、ごめんなさい。。。


もしも建ててすぐに、こんな事態になってしまったら…

災害から家を守る為の保険はいろいろあるが、
どこまで保証してくれる保険に加入すればいいのだろう。
火災は建物だけでなく、家財も必要かな?
地震保険も入った方がいいのかな?
補償が手厚い程、保険料の負担もでかくなる…さて。。。

IMG_3275.jpg
↑ちなみに、新(現)型模型(左後方)は無事だよ。


皆様はどのような住宅保険に加入されていますか?

※久々にコメント欄を設置します。
 どうか、無知なスプースにアドバイスお願い致します。




↓あれれ。下降気味
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村

出費

10 18, 2010
銭のことを考えるとテンションが下がるのだが、
前回の記事で触れた『諸経費・諸費用』の詳細を出してみた。

まず、土地にかかった諸経費 (支払済)
1.固定資産税・・・・・・7.6万円
2.登記料・・・・・・・・・・11万
3.仲介手数料・・・・・・43万
4.不動産取得税・・・・11万
5.印紙代・・・・・・・・・・1.5万
6.土地値引き・・・・-50万

住宅にかかる諸経費
1.外構工事・・・・・・・・・・・・・100万
2.電柱支線の移設工事・・・・・13万
3.木の伐採・・・・・・・・・・・・・・・・5万
4.道路舗装工事・・・・・・・・・・・20万
5.水道工事・・・・・・・・・・・・・・・33万
6.登記料・・・・・・・・・・・・・・・・・24万
7.地鎮祭・上棟式・・・・・・・・・・10万ぐらい?
8.ローンつなぎ利息(一括)及び手数料・・・・・・まだ不明(ウン十万)
9.火災保険料(一括)・・・・・・・・・・・・・・まだ不明(50~100万らしい)

その他諸費用(変動する可能性大)
1.エアコン取付・・・・・・・・・・・・・・・・・・30万ぐらい?
2.カーテン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20万ぐらい?
3.TVアンテナ取付・・・・・・・・・・・・・・・・5万?
4.照明・設備等の追加・グレードUP・・・・・50万まで
5.大工さんへの差し入れ・・・・・・・・・・・・・・不明
6.家具・インテリア・・・・・・・・・・・・・・・・買えるのか?!

ざっと挙げてみたが、まだ見落としているものもあるかもしれないし、
金額も確定していないので、はっきりとは言えないが、
高級車が買えるぐらいの銭が必要なのは確かだ。

残念なことに、住宅ローンは工事に係る費用(工務店の提出した見積金額)のみで、
外構や諸費用分までは貸してくれないらしい。
つまり、上記の費用は全て自己資金で賄わなくてはならない

ここで、ショッキングな話だが、次の工事費用の支払い(中間金)を私は2月だと思っていたが、
私の大きな勘違いで、次の支払いは上棟時(11月中旬)であった。
工務店からその事実を聞いたとき、「聞いてないよ~」と、言いたいところだったが、
打ち合わせメモ帳に自分の字で「中間金は上棟時」としっかり書かれていた。
私は、こういう大事なところが抜けている。自分で自分が不安になる…

頭金のおかげで4ヶ月間の利息が助かると思っていたのに→このときの記事
自己資金
↓ ↓ ↓ ↓ 実際はたったの1ヶ月半(そんなぁ…)。リスキーだな。
改自己資金
しかも、貯蓄を頭金に結構注ぎ込んでしまったので、もうそんなに資金に余裕が無い。
というか、足りないではないか?!
銀行の営業マンは、「契約時の支払い前に相談してほしかった。」と言っていた。
私は、「そんなこと言わずに貸してよ~審査の範囲内じゃないかぁ~ケチぃー!!」
と言いたいのをこらえていた。

夫に、「なんでいきなり全部(自己資金で)払っちゃったんだよ?!残しておけよ。あほー。」
と言われ、「アホな私に全部まかせるアンタもアホじゃ。」と言い返したが、凹んだ。。。
充分残しておいたつもりだったのに、まさかこんなに諸経費が必要だとは思わなかった。
(夫よ、すべて私に(特に銭勘定は)任せきりにしないほうが身の為だよ…)
※これから巣づくりを考えておられる方へ、こうならないように資金計画は万全にしておきましょう。

今月の出費としては、まず工務店に工事費用ウン百万と、
水道加盟金(メーター代)20万を支払った。
さらに、この土地はガス管が通っているので、オール電化にする為
ガス管を撤去するのに1万円かかると言われた。
そのうち電力会社から電柱支線工事の請求も来るだろう。

今月は、巣づくりにかかる出費の他に、息子の幼稚園の入園金の支払いや、
先週末(私)と来月(夫)、友人の結婚式出席。
銭、銭、銭、いくらあっても足りないよ…


そんな貧乏な私を不憫に思ってくれたネイリストの友人が、
破格値で結婚式用のパーティーネイルを施してくれた。
こうやって綺麗にしてもらうとテンションが上がるよ。ありがとう。
↓自分で自分を撮るのは難しい。
IMG_3363.jpg IMG_3350.jpg←レンズカバーが写ってしまった。

久々に出席した結婚式に感動した。
初々しい2人を見て、私たちのしなびかけた夫婦生活も見直さねばと思った。


もうすぐ私の誕生日だ。
三十路も半ばにさしかかろうとしている。
自分へのプレゼントに、一眼レフカメラの『望遠レンズ』を購入しよう
と思っていたが、今年は諦めようかな。。。



↓ご協力ありがとうございます
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
にほんブログ村
Posted in 資金計画
プロフィール

スプース

Author:スプース
オール国産無垢材と土壁による
巣づくり日記。

カテゴリ
最新記事
pictlayer
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りリンク
ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
  1097位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
  162位
アクセスランキングを見る>>
スプースさんの本棚
暮らしと住まいに関する本
Powered By ソーシャルライブラリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。